観光情報やツアー宿泊の予約など、旅行に関するお勧めの情報サイトをご紹介しています。

楽しい旅をお約束する旅行情報サイト TOP

楽しい旅をお約束する旅行情報サイト TOP

このサイトでは、国内外を問わず、おすすめの旅行情報を扱ったサイト、旅行会社などのサイトをご紹介しています。

が、楽しく出かけたはずが、現地のトラブルでとんだことに…なんてことのないように、旅行に出かける際には、特に海外の場合には相応の注意が必要です。
そこで、まずはトラブル回避のための基本的な注意事項についてご紹介していきたいと思います。

まず、覚えておいていただきたいのは、各国のポイントはガイドブックに必ず記載されているということです。
出かける先のガイドブックは必ず確認しておきましょう。現地での注意点を確認する、一番簡単で確実な方法です。

また一般に、華美な服装での観光は避けた方が良いと言われています。治安の悪い国では大変危険ですし、そうでない国でも、強盗などを引き付けてしまいます。地味で目立たない服装を心がけていても、旅行者はそれと分かるものです。
レストランなどでドレスコードがあるときは、食事の際には部屋へ戻って着替え、アクセサリーー身につける、などの心遣いが必要ですが、高価な衣服や腕時計、アクセサリーなどは、観光中には身につけない方が良いでしょう。

その他、寺院やモスクなどの宗教施設に入る場合には、肌の露出を避ける、教会、美術館、空港、国境や軍事施設などでは写真撮影を避ける(禁止されているところがほとんどです)などは、世界中どこへ行っても共通して気を付けるべき事柄といえますね。


欧米諸国で注意すること

欧米諸国でまず注意すしなければならないことは、チップの習慣です。日本にはない事柄ですのでうっかりしがちですが、ヨーロッパではほとんどの国が、また、アメリカでは完全にチップ制をとっています。

サービス業に従事する労働者の給与体系は、チップを前提にしたものとなっていますので、きちんとチップを払いましょう。
どれぐらい払えばいいのか(料金の何%くらいか)は、国によって異なりますので、あらかじめ調べておくと良いでしょう。

また、レストランによってドレスコードのあるところ、小さな子供は断られるところもありますので、これも、あらかじめ調べておくと良いでしょう。日本では子供だから、と許されるような事柄でも、欧米では雰囲気を乱すような行為は、たとえ子供であっても許されません。気をつけるようにしましょう。

さらに、きちんとしたレストランではかなり時間をかけて会話を楽しみながら食事をとるもの、とされています。夕食では1~2時間程度かけるのが普通ですから、相応の予定を組むようにしましょう。

また、食事中の喫煙はマナー違反です。日本でも喫煙席と禁煙席が分けられるようになってきましたが、欧米では、食事中は控えるようにしましょう。


発展途上国で注意すること

水道水が衛生的でない国があります。地元の人が平気で飲んでいても、生水を飲むことは控えましょう。ミネラルウォーターがお勧めです。


また、日本とは交通法規が異なり、車優先の国が多いのが現状です。特にお子様連れの方は、注意しましょう。

また、親しげに観光案内を申し出てきて、後に高額の案内料を請求してくる、などといったトラブルが多いようです。こうした申し出には十分に注意しましょう。
チップに関しても、必要のない国でチップを渡すと、後々トラブルの元なります。

その他、イスラムの国では宗教上の理由から、様々な制約があります。女性は肌の露出を極力避ける、男性も、短パンはNGです。飲酒も避ける傾向があります、写真に撮られるのを嫌う、また、男性が女性に声をかけることは非常識な行為とされます。
イスラム文化圏では独特の常識がありますから、この地域へ出かける際には、特に知識と注意が必要だと思っておいた方が良いでしょう。

いずれの問題も、その国の諸事情をあらかじめ知っておくことで避けられるトラブルがほとんどです。行く先のガイドブックを読む、生活習慣を調べる、などのことは必ず事前にしておきましょう。